感染症対策

コロナウイルスによる新型肺炎が話題になって居ますが、ワクチンが無い現
時点では正しい情報を知り、適切な対策が重要と成ります。

1)まずキチンと感染経路を理解しましょう。

 *感染はコロナウイルスの場合、眼・鼻・口の粘膜を介してウイルスが侵入
  します。この事は多くの感染症と共通ですが、コロナウイルスの場合眼の
  粘膜も感染の入り口になる点に注意しましょう。
  眼・鼻・口に病原体を運んでいるのはご自身かも知れません!?

2)予防法ですが、ワクチンの無い現在では、下記の注意事項を守る事が最大
 の防御です。

 *飛沫感染に対する予防:
  患者さんの咳・クシャミ等で約2メートル程の範囲で飛沫が飛散します。
  もし直接飛沫を浴びるような状況であれば、マスクは有効です。
  また極端に閉鎖された空間でもある程度は有効と言えます。
  但し、いわゆる空気感染は無いとされています。
  街を歩いて居るだけで感染する恐れはほぼないと考えていいでしょう。

 一般には医療従事者でもなければ直接飛沫を浴びる機会は少ないと思
  います。むしろ飛沫の付着した物(その中にウイルスが存在します)に触れ
  た手を介しての接触感染が主だった経路です。
  外出時、手にはコロナウイルスに限らず多数の菌・ウイルスが付着してい
  ます。その手を眼・鼻・口へ持っていく事で、自ら病原体の運搬をしている
  ことに気付きましょう。
  
  外出時、手を顔へ持って行かない!習慣を付けましょう。
  
 病原体が手に付着しているだけでは病気は感染しません。
 よく手を洗い、病原体を洗い流してください。
 そうする事で、自宅、仕事場などでウイルスの拡散を抑制できます。
 そしてウガイを良く行い、咽喉の乾燥を予防する。
 ウガイの出来ない外出時には、マメに飲水する事で、咽喉の乾燥を予防しま
 しょう。
 
 *コロナウイルスによる患者数、死亡者数が日々増加しています。
 ここで注意すべきは、中国国内と世界を比較した時、死亡者数は圧倒的に
 中国の一部に限られています。医療環境などの影響が大きいかと思います。
 現在の処、中国以外での死亡率は季節性インフルエンザを下回っているの
 が現状です(今年アメリカではインフルエンザによる死亡者が既に一万人を
 超えていますが、之はニュースには成らないようですね)。
 未知のウイルスだけに決して楽観はできませんが、情報を正しく理解し、
 無暗に混乱する事の無いようお願いします。

以上感染経路、予防法を書いてみましたが、皆さんお気付きの様に、之は
 インフルエンザの予防法と大きな違いは在りません。
 未知のウイルスが流行し不安を煽って居ますが、感染経路、予防法さえ理解
 できれば無暗に恐れる必要は在りません。

 敵を知り、己を知れば百戦危うからずや!

 新たな情報が入ればお知らせします。
 
 

年末年始休み 九州編

年末12月29日よりお休みを頂き、今回は初九州家族旅行へ行って参りました。

先ずは福岡空港経由博多の街 

20191229_134907.jpg

学会でその昔来て以来、博多は実に20数年ぶり

その頃は中州を中心に賑わっていた記憶が有りますが、今は天神を中心に名物の屋台が軒を連ねています

20191229_193725.jpg
その中でブラっと入った一店で食べたもつ鍋の上手さ!
此れは感激しました

20191229_192328.jpg明けて二日目は・・・折角博多まで来たのですから、少しは文化的活動を

という事で、初詣前の準備で賑わう太宰府天満宮 


20191230_111721.jpg
有名な牛の頭をなでて、一層の勤勉を近い?

20191230_114409.jpg
飛梅を見ては「東風吹かば、思い起こせよ梅の花・・・」
文系的素因の全くない自分も、この一節だけは何故か昔から刷り込まれています

20191230_115848.jpg
それにしても、同じ菅原道真に由来する京都北野天満宮の牛と比べて、太宰府の牛は何やら輝き方が違う様な?それ程多くの人にスリスリされているという事でしょうか

その夜は、前日の屋台から一転、福岡へ来たら水炊き!?
残念ながら写真を取り忘れましたが、之は旨い!
これまでの漠然とした水炊きとは一線も二線も介す物でした


その後は身内の者も関係する、福岡城跡で行われている光りのイベントへ

音と振動で発色の変わる大小のバルーンを利用して、福岡城跡の敷地を彩って居ます

20191230_200530.jpg
20191230_203058.jpg
20191230_203200.jpg
という事で、呑んで食って明け暮れた博多は終了し、大晦日の午後からは由布院へ移動

由布院

この名前を知ったのは随分前ですが、一度は訪れてみたいと思って居た願いが叶いました

20191231_164221.jpg
写真は由布院・金鱗湖に沈む2019年最後の夕日


という事で、長くなってきたので最後は最終日に拠った別府の街角で一旦終了~~続きはまた今度

20200102_141747.jpg

新年も明け、此れからがインフルエンザの本格的季節に入ります

体調を整え、ウガイ手洗いを行って、一人でも具合の悪くなる人が増えませんように!






雨の御殿場

今日勤労感謝の日、紅葉を探して御殿場へ出掛けてきました


下界は雨も無くいざ出発の筈が、例によって裾野を過ぎるあたりから空は雨模様

御殿場に着く頃はしっかりと雨が降る有様


ま~お天道様には勝てませんから、予定通りいつもの御殿場二の岡神社へ



道すがらにもなかなか奇麗な紅葉が・・・・

DSC03226.JPG
でいつもの二の岡神社は


いつもは見事な銀杏の黄葉はなく・・・

LRG_DSC02548.JPG
ただ雨に濡れた晩秋の風情は楽しめました

IMG_20191123_144720_765.jpg



20191123_125304.jpg
家内曰く

「紅葉好きね~~~あと富士山」


ま~そう言われればその通り

序でに言えば、桜も好きです

安曇野へ

先の連休を利用して、信州安曇野へ出掛けてきました

安曇野(松本地方)は、以前は白馬方面へスキーに行く時には必ず通る場所です


という事は、冬しか知りません

元よりスキーへ出掛ける都市は、札幌を代表に殆ど冬景色しか記憶にない場所となって居ました


という事で、今回連休を利用して、少し早い秋の安曇野へ蕎麦を食べがてらドライブを予定しました



片道約250Km、到着した日に訪れたのが碌山美術館


20190923_132034.jpg
萩原守衛の作品を中心に展示されていました

20190923_131129.jpg
最近妻の影響もあり?美術館へ立ち寄る事が増えた様です


そしてお次は、お約束のワサビ大王農園


20190923_135321.jpg
此処の清流はかの黒沢監督の映画にも登場していますが、その水量と水草の景色は一点の清涼剤です・・・・・が、清水町の人間にとっては、柿田川侮れ無し!(笑)



今回は松本市内に一泊して、翌日

前日の風も収まり、松本城近辺を探索

先ずは松本市内にある開智学校


20190924_102900.jpg
松本、長野県は古くから教育県として知られていますが、ここも歴史ある学校です
その建物は、その当時の大工さん達が西洋の書物を見ては独自に解釈したモダン建築

西洋と東洋の折衷が面白く観て取れます


内部を見学して回りましたが、展示されている学風、授業の流れ、生徒たちの変遷を読み解くにつれ、戦争が齎した子供達への弊害をひしひしと感じました・・・大変な時代の流れだったと思います

20190924_103414.jpg
それにしても、この教室の椅子や机、黒板の風景には懐かしさを覚えます・・・って事は、自分が過ごした少年時代は、この時代とはあまり変わってなかったのか?古い人間ですか?(笑)


そして松本城へ


松本城の五層建ての天守閣は、姫路城と共に現存する天守閣としては、復刻を受けていない貴重なお城です


DSC03188.jpg
そして、古くからの城下町ならでは風情が街の其処かしこに伺われます


とりとめの無い散歩報告でした


次は秋の京都当たりの報告が出来ると楽しいな、と考えています

袋井 可睡斎

ちょっと前に成りますが、小用が有り袋井へ遠征

その際に可睡斎と言うお寺へ寄ってみました



ちょうど風鈴祭りが始まった処で、境内には無数の風鈴が飾られていました


20190609_154707.jpg



風の具合も丁度良い日で、そよそよと吹く風に其処かしこから風鈴の音が流れています

これは願掛けの風鈴です

20190609_160119.jpg



そして可睡斎と言えば



此のトイレ(東司・・とうす)

20190609_161704.jpg

中央にはこの世の汚れを焼き払い、不浄を全て浄とするとされる烏芻沙摩明王(うすさまみょうおう)が立ちはだかるこの東司は、ここ可睡斎の中心的な場所となって居ます


という事で、今回は近くて遠い静岡県西部のご報告でした

まだまだ知らない所ばかりです
今年は4月30日、正に平成最後の日に休日当番医が当たっており、思いがけず風邪の患者さんで忙しい思いをしました。


という事で、明けて令和元年初日!

朝早くから新幹線に飛び乗り、東京~金沢~加賀・山城温泉~京都、何時もの如く忙しない二泊三日の小旅行へ出掛けてきました。



先ずは初金沢

DSC00537.JPG

有名な金沢駅に到着


その後旅行ガイド的観光地を一回りした後、今回の一番の面白ポイントはこの駄美術百万石

IMG_20190501_195811_089.jpg
いろいろ笑える物が満載でしたが、金沢の洒落を感じられる催しでした

20190501_142538.jpg

そして夕食は予約が三か月前からと言うこの居酒屋。

金沢へ行ったら是非居酒屋で夕食を!


20190501_183650.jpg
そして翌日は北陸本線に乗り、一路加賀・山城温泉へ


魯山人所縁の宿に泊まり、心身ともにひと時の寛ぎです

DSC00556.JPG
で、翌日は慌ただしく一路京都へ



最近京都づいていますが、今回は銀閣から哲学の道を散策する事をテーマに

DSC00591.JPG

銀閣寺は修学旅行以来でしょうが、全く記憶になく・・・・銀閣寺好いわ~

で、横向いてますが哲学の路


20190504_110627.jpg
哲学の路ではこんな分かり易い建物が・・・・

20190504_115836.jpg















そして今回一番の収穫、北野天満宮の緑のモミジ


DSC00580.JPG
横向いていて申し訳ない

DSC00587.JPG
秋の紅葉も素晴らしいでしょうが、春の新緑もそれに負けづ好きな自分としては、今回の一番の収穫でした



という事で、二泊三日で駆け抜けた北陸京都の旅でしたが、金沢はまた行ってみたい街です。

三島大社 夜桜見物

先日食事の帰りに三島大社に寄ってきました


小雨が降ってしっとりと濡れた参道と夜桜


IMG_20190330_205646_557.jpg

池越しに屋台の光で照らされる夜桜

池に写る逆さ桜?

IMG_20190404_212120_008.jpg

近くにも、こんな素敵な桜の名所は存在します

久し振りの更新です。

インフルエンザの嵐も終わり、今の時期少しほっとしています。

今日の夕方、ウリを連れて散歩の途中、

気が付けば  Spring has come

そんな数点をパシャリ


ご近所様にはお馴染みの、窪の湧水


20190314_170310.jpg

この時期に成ると、梅に次いで桃の花が咲き始めます


20190314_170124.jpg

20190314_170407.jpg

散歩んの相棒 
今年で8歳に成ったウリ ~~~~ 益々元気です


IMG_20190313_074829_447.jpg

20190314_170448.jpg

土筆を見ると、子供の頃を思い出します


20190314_170612.jpg手を真っ黒にして袴をむしり、それを佃煮にして食べた経験が皆さんもお在りかと?



そしてオマケ・・・春の訪れを前に、北の大地からやってきたフィアット・パンダ

20190217_123831.jpg
1989年式・・・ちょうど30年前の車です。

現存するこの車の中では、程度は抜群ですが?????
其処はおんぼろイタリア大衆車  ・・・・ 予想通り手が掛かる

ま~久し振りに、子犬が一匹増えた気分です(笑)


という事で、次回はGWの話かな?

リベンジ de 修善寺

このタイトル、何の事は無い2週間前の青々とした紅葉のリベンジに、再度昼飯を兼ね修善寺を訪れてきました・・・という事ですが



先ずは弘法太子に挨拶し、修善寺川沿いに上がってみます

DSC03062.JPG



DSC03080.JPG
二週間前とは打って変わり、川沿いの紅葉は今が7分?


DSC03084.JPG


DSC03089.JPG


DSC03086.JPG


DSC03096.JPG
赤く色づいた葉とまだ残る緑が絶妙なグラディエーションを見せます

今週末から来週あたりが最盛期か?
リベンジの甲斐が有りました


そして橋沿いの茶店でお汁粉を頂き、ぐるっと回っていざ足湯へ

と、脇道の奥に蔦の絡まる風情ある建物を発見

DSC03097.JPG

何でしょうか?チョット脇道は、どこの街に行っても面白い物が発見出来ます


で、最後に独鈷の湯で足を温め・・・・予想以上に好い湯加減で、一昔前なら此処で露天風呂が楽しめたのも頷けます~~アァ~ゆっくり温泉へ行きたい!


以上、ひつこくも今シーズン4回目の紅葉狩りで、本懐を達成できましたwww.
先日の11月18日、年に一度は訪れる八ヶ岳へドライブを兼ね紅葉狩りへ出掛けてきました

が・・・・・




今年は本当に暖冬なのか、思った様な紅葉にはまだ少し早かったようです

それでも折角来たのだから、と清里の上に位置するサンメドウ清里にある清里テラスまで上がってみました


20181111_110752.jpg
残念ながら此処では紅葉とは遭遇出来ませんでしたが、リフトで山頂まで上がると


DSC00241.JPG
DSC00235.JPG
下界を見下ろせる絶景が広がって居ます
(雲の上に頭を出した富士山が小さく見えるのが・・・分からないですね?)

この時期(行った日がテラスの最終日でしたが)はデッキに椅子やソファーが置かれ、絶景を楽しみながら寛いだ時間が楽しめます


そして小腹も空き、甲斐大泉の蕎麦屋へ立ち寄った後は、家内の希望で甲斐小泉にある三分一湧水へと寄ってきました

DSC00259.JPG

此処の分水は、戦国時代農業用水をめぐる争いを鎮めるため、武田信玄がその豊富な湧水を三等分して各村へ送る為に作ったという伝説が残っている場所です

今でも八ヶ岳からの豊富な湧水は、日に8500トンと言う恵みをもたらし、日本名水百選にも選ばれています

DSC00262.JPG

それにしても20年近く前に訪れた時には、湧水とそれを三方向に分かつ石造りの水路だけが雑木林の中にあっただけの記憶ですが、今では立派な観光公園となっているのには驚きました

20181111_131507.jpg
お陰でこの公園内で漸く紅葉らしきものに出会う事が出来、一先ず今回のドライブの目的を達成し帰路につきました

DSC00253.JPG

実は、この翌週末には修善寺で紅葉に挑戦しましたが、その話はまたの機会に・・・・懲りませんね

アイテム

  • 20191230_203200.jpg
  • 20200102_141747.jpg
  • 20191231_164221.jpg
  • 20191230_203058.jpg
  • 20191230_200530.jpg
  • 20191230_114409.jpg
  • 20191230_115848.jpg
  • 20191230_111721.jpg
  • 20191229_192328.jpg
  • 20191229_134907.jpg
Powered by Movable Type 4.261

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。