2013年12月アーカイブ

感染症対策

| コメント(0) | トラックバック(0)

これからの季節、感染の拡大が懸念されるインフルエンザ・感染性胃腸炎

ノロウイルス感染等)などの感染症は、概ね飛沫感染、汚染物の接触

感染が主な感染経路です。

以下に具体的感染方法を記載します。


 1)飛沫感染:感染者の飛沫は、約2メートル飛散すると考えられます。

         一番の予防は、感染者の方にマスクをして頂く事ですが、

         インフルエンザと診断以前の方も多く、確実な予防とは言え

         ません。

         鼻腔・咽頭からの感染を防ぐには、先ずうがい、口鼻の

         周囲の清潔を保つ事(顔を洗う等)が重要です。

 

 2)接触感染:飛沫感染意外にも、ウイルスに汚染された物に触れること

         で生じる接触感染があります。

         感染性胃腸炎など、患者さんの排せつ物との直接接触以

         にも、咳の飛沫が付着した物に触れ、手を介して口、鼻か

         ら感染を起こす場合も含まれます。

         診察中観察していると、手で口、鼻周囲を触れる患者さんを

         多く見かけます。この様な行為は、手を介して感染源を体内

         へ運んでいる様なものです。

         手洗い前の手は、汚染物である、と考えてください。

         また、感染性胃腸炎では、患者さんの排泄物が一番の

         感染源となります。排泄物の処理をする際に、感染する事が

         多くあります。トイレ、洗面所の衛生環境に注意しましょう。

         消毒にはハイター等の塩素系消毒製品を使い、汚染物に

         触れた物を確実に処理するよう心掛けてください。

 

このほかにも、室内の乾燥はウイルスの拡大を助長します。目標としては60%と言われていますが、少しでも乾燥を防ぐよう、加湿器など積極的に利用して下さい。

少しでも感染の拡大を防ぐためにも、皆さんに日々の注意をお願いします。

Powered by Movable Type 4.261

このアーカイブについて

このページには、2013年12月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2013年11月です。

次のアーカイブは2014年2月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。