2015年7月アーカイブ

梅雨明けです

海の日の今日、東海地方も梅雨明け宣言となりました。

今日はまさしく梅雨明けを体感する日となりましたが、之からの約2か月間はくれぐれも脱水、熱中症に気を付けてください・・・・

脱水症の注意事項も 「院長の独り言」 にアップして居ます。宜しければご覧ください。

今朝のウリとの散歩途中での一コマ

DSC_0280.jpg
百日紅の花も満開です。
夏に赤い花を付ける百日紅は当院の玄関先にも有りますが、何分父親の診療所に在った木を植樹した物で、毎年花を付けるにはご高齢の様子です。

散歩から帰ってのウリですが、流石にこの時期はお疲れの様子です。

DSC_0282.jpg
まだ4歳なんですが、多少メタボの影響も有りそうです(笑

脱水の注意

毎年の事ですが、脱水による眩暈、気分不快、筋肉の痙攣、そして飲酒にも関連した痛風発作、尿管結石の季節がやってきました。

人は、外気温度が上がると体温調整の為に、体表面から水分を蒸発させ、体温を下げています。この調整により、今の次期冬と比べおよそ倍の量の水分を失っています。
明らかな汗をかかない状態でも、脱水は始まっている事を理解してください。

脱水のメカニズムを簡単に説明します。

#1:尿の色・・・尿中にはウロクロームと言う色素が排泄されます。
      この排泄量は一定であり、したがって尿の色(濃さ)と言うのは、
      この色素が水分によって、どれほど希釈されたかに寄ります。
  つまり、濃い尿は水分が足りず希釈されていない証拠です(濃縮尿)。

2:尿量・・・成人では体重一キロ当たり、およそ一時間1 ml の尿が生成され
  ています。即ち、成人男性では約1000~1500ccの尿が一日で作られて
  います。

#3:尿の働き・・・簡単に言えば、体内の水分のバランスを取る、老廃物を排泄
  するなどの目的があります。したがって尿量の減少はこれらのバランスを
  崩し、余計な物を体内にため込むことになります。

#4:尿の減少・・・・気温が上がると体温調整の為大量の水分が汗として失わ  れます。この為に、尿に回る水分が減少します。この水分のアンバランス   が、尿量減少の原因です。

#5:尿量の減少が、何故いけないのか?・・・ひとつは先に書いた老廃物が排   泄出来きない事。もう一つは、体液減少の目安と考えて下さい。
  尿量の減少は体液量の減少、つまり脱水を示しており、この状態が続くと   次第に発汗も減少してきます。そして遂に発汗量も減少し、体温調整が出   来なくなり、体温は上昇した状態を続けます。
  
これが熱中症です。つまり、一定量の尿を排泄する事が、同時に体液の確保の目安となります。

尿の色が濃い、回数が減った、などの状態が出現した時には、既に体内の水不足が起こっています。

目安として、日中4~5回、比較的透明な尿が出ている事。

屋外にいる時には一時間当たり500ccを目安に、こまめに水分補給を行うこと。 

仮に、頭痛、気分不快などの症状が出た時には、涼しい日陰に移動し、頸動脈、脇の下、両側の足の付け根などに在る太い血管を冷やしてください。

#6:皮膚から出た汗は、蒸発することで体温を下げる働きをします。
 この汗が蒸発ができない状態、例えば湿度が非常に高く風も吹いて居ない
 ような状況では汗は乾くことが出来ず、体温を下げる働きが低下します。
 最近コマーシャルにもある、吸汗・速乾性の生地を使った下着など着けるこ  とでこの働きを補う事が出来ます。

汗と尿は働きが違います。汗をかくから水分を控る・・・・
ご法度です。
十分な排尿を保ちつつ、出た汗が蒸発・気化できるよう工夫をして夏を乗り切りましょう。

Powered by Movable Type 4.261

このアーカイブについて

このページには、2015年7月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2015年5月です。

次のアーカイブは2015年8月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。