2015年10月アーカイブ

風邪の季節がやって来ました。

予防の為には、正しい感染経路を理解する事が重要です。

以下に日常での感染経路について記載します。

敵を知り、己を知れば百戦危うからずや!

 

1)飛沫感染:

   感染者の飛沫は、約3メートル四方に飛散すると考えられます。

   一番の予防は、感染者の方にマスクをして頂く事ですが、インフルエンザ

   を含む風邪症状の自覚の無い方も多く、無理が有ります。

   鼻腔・咽頭からの感染を防ぐには、先ずウガイ、手洗いの励行。

   また口鼻の周囲の清潔を保つ事(顔を洗う等)が重要です。


 2)接触感染:

   飛沫感染意外にも、ウイルスに汚染された物に触れることで生じる

   接触感染があります。

   感染性胃腸炎など、患者さんの排せつ物との直接的な接触以外にも、

   咳の飛沫が付着した物に触れ、手を介して口、鼻から感染を起こ

   場合が有ります。

   診察中観察していると、手で口、鼻周囲を触れる患者さんを多く

   見かけます。この様な行為は、手を介して感染源を体内へ運んで

   いる様なものです。

   

  *手洗い前の手は、汚染物である、と考えてください。

   また、感染性胃腸炎では、患者さんの排泄物が一番の感染源と

   なります。排泄物の処理をする際に、感染する事が多くあります。

   トイレ、洗面所の衛生環境に注意しましょう。

   消毒にはハイター等の塩素系消毒製品を使い、汚染物に触れた

   物を確実に処理するよう心掛けてください。

 

このほかにも、室内の乾燥はウイルスの拡大を助長します。

目標としては湿度60%と言われていますが、少しでも乾燥を防ぐよう、

加湿器など積極的に利用して下さい。

感染の拡大を防ぐためにも、皆さんに日々の注意をお願いします。

初冠雪

体育の日の連休

日曜日の冷たい雨が、富士山頂では雪に変わって居ました

はれて月曜の朝、秋晴れの高い空をバックに雪化粧した富士山が朝から姿を見せて居ました

雪化粧の富士と言えば、ここ数年は水ヶ塚詣でを欠かせません

と言う事で、今年も飽きずに行ってきました


途中、裾野運動公園を過ぎた自衛隊演習地からの富士です

PA120500-2.jpg
此処から見るススキと富士山のコンビが好きで、良く下手くそな写真を取りに行きます

そしてお馴染みの(?)水ヶ塚公園から仰ぎ見る富士山の雄姿

PA120516-3.jpg
此処からの景色は、遮る人工物も無く本当にすっきりとした富士を仰ぎ見る事が出来ます

車で行けば沼津・三島からは一時間も掛かりません
宜しければ皆さんも一度如何ですか
(写真の黄色い車は我が家の向日葵号と言います。お目汚し、失礼しました)
Powered by Movable Type 4.261

このアーカイブについて

このページには、2015年10月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2015年8月です。

次のアーカイブは2015年12月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。