新型肺炎

新型肺炎が話題となって居ます。
これまでの情報をもとに、「院長の独り言」に予防法を記載しました。
宜しければ参考にしてください。

日々情報、対応が変化しています。
下記最新情報をご確認ください。

)14日以内の中国よりの帰国歴のある方。
 新型肺炎の患者、または疑われる患者との接触のあった方。

2)風邪症状や37.5度以上の発熱が4日以上続く方。
 (解熱剤を服用している方を含む)

3)高齢者、基礎疾患のある方で、37.5度以上の発熱が2日以上続く方。

4)妊婦、免疫抑制剤使用中、抗ガン剤使用中の方。

上記の方は、東部保健所「帰国者、接触者相談センター」へ電話でご相談ください。

現在、国内では通常のインフルエンザ、季節性胃腸炎が主体です。
小児では今期B型インフルエンザの流行はいまだ無く、此れからの恐れもあります。先ずは身近なインフルエンザ、胃腸炎の感染に注意しましょう。
手洗い、ウガイを行い、身近な感染症を予防する事が、新型コロナウイルスの予防にもつながります。

上記以外の方も、熱・咳の症状のある時はマスクの着用をお願いします。

院内感染予防の為、ご協力をお願いします。

カテゴリ

Powered by Movable Type 4.261

このブログ記事について

このページは、inadama_icが2020年2月 2日 21:54に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「静岡県感染症動向 第一週」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。